メインメニュー
 学校紹介
TOP
研究発表等
 学校経営
TOP
 学校生活
 学校生活カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
 学校通信(城の辺)
トップ  >  教育目標

 

1 学校の教育目標
 
  感謝 感動 躍動の人づくり
 
2 基本方針
(1) 知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒の育成に努める。
(2) 全教職員の協働と学校運営への参画により、活力とぬくもり、学びがいのある学校づくりに努める。
(3) 生徒の成長を中核とした実践により、信頼される学校づくりに努める。
 
3 校訓
  「信和」「清新」「真剣」
 
4 目指す生徒像
(1) 広い心をもち、認め合い、支え合う生徒
(2) 未来を見つめ、常に目標をもって自らを高める生徒
(3) 精一杯努力し、自らを鍛える生徒
(4) 人権を尊び、生命を大切にする生徒 
 
5 経営の重点と努力事項
(1) 生徒指導の徹底と健全育成
ア 「けじめ」があり「いじめ」のない学校づくりを進める。
イ あらゆる機会をとらえて生徒理解を進め、生徒とのかかわりを深める。
   (「生徒指導部会」「生徒を見つめる会」「SC等による生徒理解研修」「教育相談」の充実)
ウ 教師と生徒の信頼関係及び生徒相互の好ましい人間関係づくりに努める。
   (不登校等の未然防止・早期発見・早期対応)
エ 全職員の共通理解・共通実践を図り、自己指導能力の育成を目指す。   
オ 家庭や関係機関との連携を密にし、全教職員での実践に努める。
 
(2) 確かな学力の定着と向上
ア 個に応じたきめ細かな指導を充実させ、確かな学力の定着と向上を図る。
イ 指導のねらいを明確にした分かる授業・子ども主体の考える授業・確かな見取りによる伸びる授業を目指した学習を展開する。(目標・指導・評価の一体化)
ウ 言語活動の充実を図るとともに、自ら考え、主体的に表現する力を育成する。
    「学び合う」「練り合う」グループ・ペア学習(学力向上推進計画によるPDCA)
エ 進んで学習しようとする意欲を高め、家庭学習の習慣化を図る。(学力向上推進計画)
オ 授業の充実に努め、指導方法や指導体制の工夫・改善を図る。

(3) 特色ある学校づくりの推進
ア 校訓を生かした学校経営に努めるとともに、校訓を体現する生徒を育てる。
イ 感動ある行事を通して、生徒同士の結びつきと学校の一体感を深める。
ウ 学校評価システムを充実させ、家庭・地域の協力を得て、開かれた学校づくりに努める。
エ 各種通信やホームページ、携帯電話メール等により積極的に学校情報の発信に努める。
 
(4) 教職員の資質と能力の向上
ア 授業力の向上を目指して、計画的・継続的・実践的な研修の充実に努める。
イ 社会の一員として幅広い知識の習得に努め、使命感を高め、保護者・地域社会から信頼される教職員を目指す。
 
(5) 道徳教育の充実
ア 心に響く教材の開発や指導力の向上に努め、道徳の時間の充実を図る。
イ 道徳の時間を要として、全教育活動における学習や体験活動との関連を図り、向上心や困難を乗り越える強い意志、規範意識、思いやりの心、校訓の精神を具体的に実践しようとする意欲や態度を養う。
 
(6) 人権・同和教育の充実
ア 人権尊重の理念をすべての教育活動の基盤に置き、全教育活動を通した、計画的・系統的な人権・同和教育の推進に努める。
イ 生活の中の不合理や矛盾、差別や偏見を見抜く力と解決していく能力や態度の育成に努める。
ウ 家庭や地域・関係機関との連携を深め、幅広い人権・同和教育の推進に努める。
        
(7) 特別支援教育の推進
ア 家庭・関係諸機関との連携を図り、特別な支援を必要とする生徒の特性に応じたきめ細かな指導に努める。(通級指導教室の開設・個別の指導計画の作成と活用)
イ 特別支援教育に対する理解を深め、校内就学指導体制の充実に努める。
 
(8) 健康教育の推進
ア 運動に親しみ、進んで心身を鍛えようとする意欲や態度を育てる。(運動部活動の充実)
イ 生徒の体力や健康状態の的確な把握と、適切な体育活動の実施に努める。
ウ 健康に関する現代的な課題への計画的・継続的な指導に努める。
 
(9) 安全・安心な学校づくりの推進、防災教育の推進
ア 「学校運営協議会」を中心として、家庭や地域と緊密な連携を図り、生徒の安全及び健全育成を図る。
イ 愛南町防災教育プログラムを活用し、教職員の危機管理意識と適切な対応能力を高めるとともに、生徒の危険予知能力、危険回避能力を養う。
6 管理運営
(1) 人的管理
ア 教育公務員としての服務を厳正にし、体罰等の信用失墜行為の根絶を図る。
イ 教職員の良好な心身の健康管理に努め、休暇が取りやすい環境づくりを進める。
ウ 教職員の交通安全意識を高め、交通違反・事故防止に努める。
 
(2) 物的管理
ア 施設・設備の安全点検及び教材・教具の有効活用を図るとともに、事故防止に努める。
イ 豊かな心を育てる教育環境の整備・充実に努める。
 
(3) 事務管理
ア 公文書の管理の適正化を図るとともに、迅速で効率的な事務処理に努める。
(校務支援システム「あいサポ」の活用)
イ 個人情報の保護と適切な管理を図る。(情報セキュリティーポリシーの厳守)
プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
学校評価

Copyright(c)2009-2014 愛南町立城辺中学校 All rights reserved.     
このサイトは、愛南町立城辺中学校が運営管理しています。 掲載されている情報の流用、無断使用は固くお断りします。
愛南町立城辺中学校 〒798-4131 愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2707 電話:0895-72-0547 FAX:0895-72-0530